香港・国家安全維持法、条文で読む深刻事態

香港・国家安全維持法、条文で読む深刻事態

国会安全維持法の成立後、民主化運動組織から離れる若者が相次いでいる。写真は返還から23年の7月1日に厳戒態勢下にある香港(写真:AP/アフロ)

国家安全維持法の成立後、香港の動きがあわただしい。民主化運動組織の解散が相次ぎ、中心的役割を果たしていた若者らが次々と組織を離れ、姿を消した。

用意周到な中国政府は新たな取り締まり組織などの幹部人事をいち早く公表、新法を適用した逮捕者も出た。香港は一夜にして別世界となってしまった。

新法の条文を詳細にみると、民主化運動を抑え込もうという中央政府の意志の強さは強烈で、ありとあらゆる手段が法律によって担保された。これでは民主化運動家らが身の危険を感じ、行方をくらますのも無理はない。国家安全維持法の内容を条文に沿って詳しく紹介する。

■人権は単なるお飾りでしかない

「総則」と題する第1章は中国政府の本音と対外向けの建前が混在している。「『一国二制度』、『香港人による香港統治』、高度の自治の方針を確固不動かつ全面的に正確に貫徹」(第1条)、「人権を尊重し、保障」「言論・新聞・出版の自由、結社・集会・デモ・示威の自由を含む権利及び自由を法に基づき保護」(第4条)と民主主義国並みの原理原則が盛り込まれている。さらには「法治原則を堅持」し、刑事被告人は判決が出るまでは「無罪と推定」(第5条)などとも書かれている。

中国の現実からかけ離れた記述だが、もちろんこれらは建前にすぎない。同じ条文で、この法律の中核をなす国家分裂など4分野の犯罪類型を明示したうえで、「国家安全を守るための法制度・執行メカニズムを確立・十全化することに関する全国人民代表大会の決定に基づき、本法を制定する」(第1条)と本音が明記されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)