みなが心酔「B・スプリングスティーン」の影響力

みなが心酔「B・スプリングスティーン」の影響力

ブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していくさまを描き出した映画『カセットテープ・ダイアリーズ』が7月3日から公開中だ ?BIF Bruce Limited 2019

1980年代後半のイギリスの閉鎖的な街を舞台に、鬱屈とした日々を暮らしていたパキスタン移民の高校生がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していくさまを描き出した映画『カセットテープ・ダイアリーズ』が7月3日より全国公開されている。

『ベッカムに恋して』のグリンダ・チャーダ監督がメガホンをとった本作は、昨年のサンダンス映画祭をはじめ、多くの観客と評論家から高評価を受けた青春音楽ドラマだ。そんなブルース・スプリングスティーン愛に満ちた本作にちなみ、スプリングスティーンを知り尽くす伝説のツアーマネジャー「TACK」こと、ウドー音楽事務所取締役副会長の高橋辰雄氏に彼の素顔を聞いた。

■音楽がバイブルに

――パキスタン移民の高校生が、ブルース・スプリングスティーンの音楽に人生を変えられる物語というのは、日本人の自分としても共感できるものがあるなと思ったのですが、高橋さんはこの映画をどのようにご覧になりましたか。

パキスタン人がイギリスという文化の違うところに移住して、その中で虐げられながら、劣等感を味わいながらも生きていかなくちゃいけない。そういう中で、自分が信じられるものを見つけてそれを貫いていく。音楽が彼の中でのバイブルになっているわけですよね。非常に感情移入させられる映画でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)