空港検疫「コロナ陽性じわり増」の先に待つ懸念

空港検疫「コロナ陽性じわり増」の先に待つ懸念

日本は第1波を乗り切ったが、この先はどうか?(デザイン:熊谷 直美)

6月下旬の午後、成田空港第2ターミナルに設けられた検疫所のエリアには、緊迫した空気が流れていた。アメリカ・ダラスからの到着便に、機内で体調を崩した乗客がいたのだ。新型コロナウイルスに感染している可能性がある。「患者さん1名、付き添い1名がこれから向かいます」――。検疫所内にアナウンスが流れると、簡易的な医療ガウンを着た検疫官の医師がバタバタと機内に走っていった。





しばらくすると、検疫所職員に付き添われ、車椅子の患者がやって来た。日本人と見られ、ぐったりとしている。新型コロナ対策用に特別に拡張した検疫所のエリアで健康状態や入国後の滞在先などを書類に記入した後は、ついたてで仕切られたブースでPCR検査を実施。それが終わると、車椅子で検疫所をあとにした。コロナの疑いのある患者は「陰圧室」と呼ばれる感染を防止する部屋に隔離され、検査結果を待つことになる。結局、一般の乗客が飛行機を降り、検疫所へとやって来たのは着陸から1時間半近く経ってからのことだった。

『週刊東洋経済』は7月18日号で「コロナ徹底検証」を特集。世界で感染爆発が続く中、日本が感染の第1波を乗り切った「日本モデル」の内実を検証。7月に入り、東京都の感染者数が過去最多となるなど感染再拡大が続く中、第2波に備えてすべきことは何かを追った。

■成田空港からの入国で陽性者が増加傾向

足元で海外との往来を再開する動きがある中、難しい舵取りを迫られるのが、政府の水際対策だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)