死をタブー視しすぎる日本人の考えにモノ申す

死をタブー視しすぎる日本人の考えにモノ申す

これからの社会で死は、どんな姿を現すのでしょうか。養老孟司氏(左)と小堀?一郎氏(右)の対談の一部をお届けします(撮影:徳永彩 <KiKi inc.>)

3000体の死体を観察してきた解剖学者の養老孟司氏と、400人以上を看取ってきた訪問診療医の小堀?一郎氏。これからの社会で死は、どんな姿を現すのか。2人の対談をまとめた『死を受け入れること 生と死をめぐる対話』より、一部を抜粋・編集してお届けする。

■「死」をタブー視する現代

小堀 ?一郎(以下、小堀):医療の現場で、初めて死に直面した時も動揺することはありませんでした。もともと東大には、他の病院で手に負えないような難しい患者が来ます。外科医は、その人の食道がどういう形をしているか、手術がやりにくいかやりやすいか、そういう目で観察する必要があります。僕はずっとそういう世界に生きてきました。

でもここ15年は手術をしなくなって、終末期医療の現場に入って、一人ひとりの感じ方、家族関係や経済状況などいろんなことを考えるようになったんです。

養老 孟司(以下、養老):僕は解剖で、遺体を引き取りに病院の霊安室に通うのが仕事でしたから、お医者さんが死んだ患者さんに対して冷たいというのは、よくわかるんです。病院にとって霊安室は具合の悪い場所で、死んだ人は裏切り者としてそこに置かれていると感じていました。

いちばん印象に残っているのは、関東のある病院で、大晦日に亡くなられた身寄りのない患者さんの遺体を、元旦に引き取りに来てくれ、と言われて行ったんです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)