「U-NEXT」はネットフリックスにどう対抗するか

「U-NEXT」はネットフリックスにどう対抗するか

U-NEXTの堤天心社長は「3〜5月で動画配信サービスを楽しむことが選択肢の中に入った人が増えた」と主張する(撮影:今 祥雄)

新型コロナウイルスの影響による、「巣ごもり需要」で大きく伸びたとされる動画配信サービス。新しく配信サービスに触れた人も多くおり、新型コロナを追い風に変えた業種の1つだ。

しかし、市場環境に目を向ければ、存在感を増すネットフリックスや米ディズニー、Appleの参入など競争が激化している。

USEN-NEXT HOLDINGS傘下で、定額見放題の作品数が多く電子書籍などとの連携も行うU-NEXTは、こうした市場環境でどう生き残りを図るのか。新型コロナを機に見えてきた新しい商機はあるのか。同社の堤天心社長に現状と今後の展望を聞いた。

■料金は法外に高いわけではない

――新型コロナウイルスによる巣ごもり需要は追い風となりましたか。

外出自粛ということで家にいる時間が増え、市場全体が一気に伸びたのは間違いない。U-NEXTでも4、5月は、トラフィックや新規の会員数は過去最高だった。普段では見ないような作品まで、この自粛期間中に見るような視聴行動があった印象がある。

6月はコロナ以前と同じ水準とまでは言わないが、平準化してきているのは事実。もちろん、自粛中だけ楽しんで、「いったん休止しましょう」というユーザーも一定数いる。ただ、この3〜5月で動画配信サービスを楽しむことが選択肢の中に入った人が増えたはずだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)