吉村洋文が大阪都の実現にトコトンこだわる訳

吉村洋文が大阪都の実現にトコトンこだわる訳

(撮影:ヒラオカスタジオ)

弁護士の資格を持ち、衆議院議員を経て40歳で大阪市長に当選。2019年4月には43歳の若さで大阪府知事となった吉村洋文(45)とはいったいどんな人物なのか。コロナ禍で注目されたリーダーだが、その実像は全国にはあまり知られていない。「吉村洋文『勇気こそがリーダーに最も重要だ』」(2020年7月22日配信)に続く、独占インタビューの後編をお届けする。(取材は6月23日に実施)

■維新の会副代表だが「党の支持率は気にしていない」

塩田 潮(以下、塩田):府知事の大奮闘が影響したのか、メディア各社の世論調査の政党支持率で、日本維新の会が野党トップ、全政党の中で自民党に次いで第2位という数字も目にします。知事として腕を振るうとき、一方で維新の勢力伸張、支持拡大も視野に入れていますか。

吉村洋文(以下、吉村):自分が思っていることをはっきりと発信していくのは当然だと思いますが、国政を意識することはあまりありません。国政に出てこうしたいという考えもないですね。僕は大阪市議の後、短い期間、衆議院議員をやり、3年3カ月の大阪市長を経て、大阪府知事となりました。大阪都構想を実現し、2025年の大阪・関西万博を成功させて、日本を引っ張っていく大阪にしていきたいという思いで、今は大阪の政治をやっています。正直なところ、あまり党の支持率は気にしていないんですよ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)