「レクサスIS」7年目でも全面改良しない事情

「レクサスIS」7年目でも全面改良しない事情

内外装が大幅に変更されたレクサス「IS」(写真:トヨタ自動車)

レクサスは、6月16日にコンパクトスポーツセダンの「IS」のマイナーチェンジを発表(発売は秋ごろ)。新型コロナウイルスの影響で、オンラインでの公開となった。

現在のISは、2013年にモデルチェンジをした3代目で、今年で発売7年目となる。通常であれば、4代目へのフルモデルチェンジが近いと考えられる時期でもあるが、なぜマイナーチェンジにとどめたのだろう。

初代ISは、1998年に国内でトヨタ「アルテッツァ」の車名で販売されたFR(後輪駆動)の4ドアセダンだ。翌年に、レクサスISとして海外での販売がはじまる。

トヨタは、1983年の8代目「コロナ」や5代目「カローラ」からFF(前輪駆動)を採用し、「クラウン」や「マークU」(のちのマークXを含め)など中型以上の4ドアセダンはFRを継続したが、いわゆる5ナンバーセダンはFF化を進めた。

一方、ドイツのメルセデス・ベンツ「Cクラス」やBMW「3シリーズ」などはFRを継承し続け、比較的小柄な車体を生かす俊敏なFRならではの操作感が、消費者の心をとらえてきた。

いわゆる世間でいうプレミアムブランドとしてレクサスを立ち上げたトヨタは、コンパクト4ドアセダンでも、ISによってCクラスや3シリーズの競合として狼煙をあげたといえる。実際、海外への展開では、欧州でまず販売を開始し、次いで北米での販売を始めたことからも、ドイツ車を意識した様子がうかがえる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)