コロナ離婚寸前の夫婦に役立つ「格安避難所」

コロナ離婚寸前の夫婦に役立つ「格安避難所」

一つ屋根の下で夫婦一緒の時間が増え、「コロナ離婚」の危機は広がるばかり。まずは「夫婦密」を解消し、それぞれ心と頭を冷やすことが必要だ(写真:cerisier117/PIXTA)

コロナ自粛の緊急事態宣言下では「コロナ離婚」が話題になりました。あれから3カ月余り。宣言解除でコロナ離婚が少なくなると思いきや、むしろ夫婦問題を扱うカウンセリング業界は多忙を極めています。

これも、人々の「ニューノーマル」意識の表れかもしれません。新しい生活スタイルが模索される中で「夫婦のあり方」も問われているのだと思います。結婚式で「健やかなるときも病めるときも、富めるときも貧しいときも、愛し、敬い、いつくしむことを誓います」と、宣誓した夫婦も多いでしょう。

でも、お互いの心が離れると、そんな誓いの気持ちは薄れてしまい、責め合う場面も出てきます。それでも、1日のうちで顔を合わせるのが数時間、というおかげで何とか続いてきたものの、新しい生活スタイルが関係を崩してしまいます。コロナ自粛で「夫婦密」が濃くなった途端、「夫婦溝」に気がついた……というケースがあまりに多いのです。

■コロナ離婚に陥る夫婦に共通する「3要因」

コロナはあくまでもきっかけで、原因ではありません。しかし、夫婦問題は何らかのきっかけがあって顕在化するものです。よくあるのは「自宅の購入」「出産」「子どもの進学」「転職・転勤」など。しかし、このコロナ自粛での離婚のきっかけには、3つの新たな要素が含まれています。

@ 日常的に関わる時間の急増
A 物理的な距離が「密」になった
B 新しい生活に対する価値観の違い

朝と夜、数時間しか一緒にいなかった夫婦が、突然、終日顔を合わせる生活になり、存在自体がうっとうしくなってくる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)