社員47人の出版社が100万部超を連発できる訳

社員47人の出版社が100万部超を連発できる訳

社員47人出版社がヒット連発

社員47人の出版社が100万部超を連発できる訳

サンマーク出版の植木宣隆社長に、8タイトルものミリオンセラーを出した秘訣を聞いた(撮影:尾形文繁)

社員47人――。数百人規模の大手出版社を向こうに回して、小さな出版社が直近25年で8冊ものミリオンセラーを出している。東京・高田馬場に本社を置くサンマーク出版だ。

そのサンマーク出版を2002年から率いるのが植木宣隆社長。編集者時代に累計400万部超の大ヒット作『脳内革命』(春山茂雄 著)を世に送り出した名物編集者でもある。その植木社長が初めての著書となる『思うことから、すべては始まる ミリオンセラー8冊達成の幸運に学ぶ』を上梓、この25年におけるヒット作連発の舞台裏などをつづっている。ベストセラー出来の法則はいったいどこにあるのか――。前後編でインタビューをお届けする。

■ミリオンセラー、8タイトルの秘密

――書籍は雑誌と同じく1996年にピークに達し、右肩下がりで市場が縮んできました。その中において、社員50人にも満たないサンマーク出版がミリオンセラーを8タイトルも出しているとは本当に驚異です。いったいどんな秘訣があるのでしょうか。

ヒットする法則があれば苦労はありません。ですから、そのようなものはないのが本当です。しかし、結果としてヒットした作品を分析すると、そこにはやはり共通点があります。詳しくは拙著にも書いたのですが、

@ 驚きを生むタイトルになっている
A 心と体の癒し、健康に関わっている
B それを読むことによって、読者自身が変われる
C 田舎でも売れる本になっている
D 女性に応援してもらえる本である

の5つです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)