キヤノン、「どん底」カメラ市場に希望抱く理由

キヤノン、「どん底」カメラ市場に希望抱く理由

キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズは、同社のカメラ事業の未来を背負っている(撮影:尾形文繁)

デジタルカメラ業界が深い谷底に落ちている。

デジカメの出荷台数はピークの2010年に1億2146万台をつけた後、スマートフォンの普及によって2019年には1521万台と約9割減少。2020年1〜5月は新型コロナの影響もあり、前年同期比50.4%減というかつてない市場縮小に見舞われた(カメラ映像機器工業会)。

6月にはオリンパスが赤字続きの映像事業を分社化して、カメラ市場から撤退すると発表した。

長年、デジカメ業界を牽引してきたキヤノンはこの逆風にどう対応していくのか。同社イメージングコミュニケーション事業本部本部長の戸倉剛常務執行役員に展望を聞いた。

■カメラ市場はどん底だった

――4月と5月の国内カメラメーカーのデジタルスチルカメラの総出荷台数は前年同月比で6〜7割落ち込みました。

本当に激しい落ち込み方だった。落ち込みの要因は3月までは(サプライチェーンが影響を受けて)生産ができなかったこと、それ以降は世界中で経済活動が止まったことで、市況下落につながった。

ただ、底は打ったとみている。日本でも第2波の脅威があって予断を許さないが、一定程度回復している。6月に中国のEC大手、京東(ジンドン)による大規模セールキャンペーンがあったが、そこでのデジカメの売り上げは各社とも前年を超えている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)