JR東、コロナが問う「時間帯別運賃」の本気度

JR東、コロナが問う「時間帯別運賃」の本気度

コロナを機にJR東日本は時間帯別運賃の検討を始めている(撮影:尾形文繁)

コロナ禍における外出自粛要請で人の移動が制限され、鉄道業界は大きな打撃を受けた。

資金繰り確保のため、設備投資の先送りや社員の一時帰休を余儀なくされた会社も少なくない。中期経営計画の中止を発表した会社もある。業界最大手のJR東日本も収入が毎月1000億円減っているという。

しかし、深澤祐二社長は「20年後、30年後を念頭において作った中期計画をコロナの影響によって、より早く実行しないといけなくなった」と話し、成長投資やイノベーション投資は減らさない方針を示した。

時間帯別運賃の検討、ITを活用した効率的な運行管理、さらには都市や地域の再開発まで、深澤社長がアフターコロナ時代における鉄道のあるべき姿を語った。

■生活に合わせて運賃制度を変えていく

――コロナ後の鉄道需要をどう喚起しますか。

短期、中期という視点に分けて考えないといけない。短期的には、安心して電車に乗ってもらうための取り組みをいろいろと行っている。多くの人に移動してもらう旅行商品として、価格面だけではなく、1人でも過ごせるといったニーズに合わせた商品を提供しなくてはいけない。

難しいのは「3密」を避けることだ。たくさんの人が集まりそうな企画は今のタイミングでは出せない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)