殺虫剤メーカーが今年「当たり年」となった理由

殺虫剤メーカーが今年「当たり年」となった理由

殺虫剤メーカー各社の主力商品も売れ行き好調だ(撮影:尾形文繁)

「今年は殺虫剤がすごい勢いで売れている。メーカーに問い合わせても十分に入荷できない状況が続いている」

そう明かすのはある大手スーパーの店員だ。店員が勤務する都内の店舗では、特に6月が品薄状態だったという。週1回、60個の殺虫剤を発注しても、入荷した分は1〜2日で完売。人気を集めたのは、コバエやゴキブリの駆除商品だ。

■アース製薬の株価は上場来高値に

殺虫剤の好調な売れ行きは、市場調査会社「インテージ」のデータからも見て取れる。殺虫剤は夏場のピーク時に月間200億円前後を売り上げるが(沖縄県を除く全国エリア)、2020年は5月、6月それぞれの月間売上高が200億円を突破。対前年同月比で5月は26.1%増、6月は34.9%増の伸びを示した。



殺虫剤メーカーの業績も好調だ。最大手のアース製薬は6月末に2020年1〜6月期の業績予想を見直し、期初に104億円と見込んでいた営業利益を160億円に引き上げた。株式市場も上方修正を好感し、同社の株価は6月30日に上場来高値を更新した。

上方修正の要因は、広告宣伝の効率化などで費用が減ったことが大きいが、主力商品である虫ケア用品が想定以上に売れたことも見逃せない。

アース製薬の2019年12月期の虫ケア用品の売上高は593億円。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)