JALがコロナ禍に切り開く「工場見学」の新潮流



見学の手段はいたって簡単。コミュニケーションや会議、情報共有をサポートするコラボレーションツール「Microsoft Teams」と、その模様をライブ配信できる「Microsoft Teamsライブイベント」を活用するだけ。事前登録なしで、無料でパソコンやスマホから簡単に工場見学を楽しむことができる。





子どもたちはもちろん、親御さんや興味がある大人など誰でも参加でき、開催した2日間で、海外からの見学者も含めて合計1万人以上が参加したというから一驚する。

このリモート工場見学、単なる遠隔からのライブ配信とはわけが違う。日本マイクロソフトが技術協力をしていると先述したが、「Microsoft Teams」に加え「HoloLens 2(ホロレンズ2)」を使用している。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)