ベンチャー「逆風」でも投資集める猛者の潜在力

ベンチャー「逆風」でも投資集める猛者の潜在力

厳しい環境下でも巨額の資金調達を果たしているベンチャーは存在する(デザイン:杉山 未記)

2020年はベンチャー企業の「選別」が加速しそうだ。コロナ禍は投資環境に水を差している。日本経済新聞社と投資家向けサービスのケップルの調査によれば、今年1〜6月のベンチャー企業の資金調達額(速報値)は1042億円と、前年同期比で47%減った。

『週刊東洋経済』は8月17日発売号で「すごいベンチャー100 2020年最新版」を特集。ウィズコロナ時代に飛躍するベンチャーを100社厳選した。『週刊東洋経済プラス』でもそのリストを掲載している。

起業家側と投資家側のどちらも、ようやく層が厚くなり始めたところでコロナ禍に見舞われた。ベンチャー投資は昨年まで拡大を続けてきたが、一気に冷え込んだように見える。

ところが、個別案件を見ると様相は異なる。1〜6月では、太陽光発電サービスのVPP Japanの100億円を筆頭に、次世代電池を開発するAPBが80億円、越境EC(ネット通販)を手掛けるInagoraホールディングスが53億円と、巨額の資金調達を実現したベンチャーが相次いだ。

■8月にも100億円超の調達が明らかに

直近では8月4日、ECサイト構築支援サービスや決済システムを展開するヘイが、アメリカの投資ファンド、ベインキャピタルから約70億円を調達すると発表。ほかにもアメリカの決済大手ペイパルなど数社からも出資を受けた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)