ジョブズ、工業製品をアートにした男の生き様

ジョブズ、工業製品をアートにした男の生き様

「1つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる」スティーブ・ジョブス NEXTのオフィスにて。 1990年9月(撮影:小平 尚典)

いまもなお語り継がれる伝説の経営者であるスティーブ・ジョブズの知られざる姿を、若き頃から彼を撮り続けてきた写真家の小平尚典と、あの300万部を超えるベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』を著した片山恭一がタッグを組んで描く連載。第7回をお届けします(毎週月曜配信予定)。

7 アンディ・ウォーホルのことなど

何年か前に、ある街のアップル・ストアに立ち寄った。新型のiPhoneが発売されたばかりだったのだろう。店内の壁一面に、色とりどりのスマートフォンが整然とディスプレイしてある。それが1枚のタブローのように見えて、思わず近くにいたスタッフに「ウォーホルみたいだね」と話しかけていた。あいにく意味は通じなかったようだ。

アンディ・ウォーホルの作品には複製(コピー)を強く意識したものが多い。有名な「マリリン」はシルク・スクリーンで刷ったマリリン・モンローの顔に彩色を施したものだ。シルク・スクリーンというのは一種の謄写版印刷だから、手法からしてコピーである。また作品に使われた画像は、映画『ナイアガラ』のスチール写真らしい。さらに彩色を変えた「マリリン」を何枚も並べて1つの作品とする。同様の手法はエルヴィス・プレスリーでもエリザベス・テイラーでも毛沢東でも、メルセデス・ベンツなど人以外のものでも使われている。スープ缶の同じ絵を並べて見せたこともある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)