台湾・蔡政権が日本の新首相に期待するもの

台湾・蔡政権が日本の新首相に期待するもの

8月末、台湾を訪れたチェコ上院議長のミロシュ・ビストルチル氏一行を迎えた台湾の蔡英文総統(写真:CTK/時事通信フォト)

8月28日の安倍晋三首相による退陣表明は、台湾にも強い衝撃を与えた。7月末に知日派として知られた李登輝元総統が亡くなった直後、日本からは森喜朗・元首相が弔問で訪台するなど、日本との関係が改めてクローズアップされたところだった。

現在の蔡英文総統が2016年に就任して以降、日台は結びつきを強めている。安倍首相は特に、中国との関係に配慮しながら台湾にも強い関心を示していた。そこで、台湾から安倍退陣後の日本をどう見ているか。台湾のシンクタンク・台湾智庫副所長を務めるなど著名な国際政治学者であるョ怡忠(I-Chung Lai)氏に、日台関係や今後の東アジア情勢について話を聞いた。

■日台の相互信頼関係は良好

――安倍晋三首相の任期中の日台関係は、相対的に良好なものだったのではないでしょうか。特に蔡英文政権になり、経済・政治的な関係も緊密になったように見えます。現在の日台関係を、どう評価しますか。

確かに、日台関係は安倍政権中に急速に発展したと言える。しかも、党派を越えて発展してきた。中国国民党(国民党)の馬英九政権当時(2008〜16年)、安倍首相は尖閣諸島周辺海域における漁業権問題に積極的に取り組むと同時に、民主進歩党(民進党)ともTPP(環太平洋経済連携協定)問題について何度も話し合ってきた。

特に民進党が政権を握った後に進められてきた日台間の海事に関する対話は、日台間の経済対話に続くもう1つの公式の対話となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)