武漢の作家が批判の中で訴え続けた壮絶な現実

武漢の作家が批判の中で訴え続けた壮絶な現実

都市が一時封鎖された中国・武漢市の惨状は世界を震撼させた(写真は2020年2月、新華社/アフロ)

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、中国・武漢市が封鎖された2日後、武漢在住の著名作家・方方が自身のブログ上で武漢の実情を伝える日記を書き始めた。その真摯な筆致は、不安を抱える多くの中国人の心に響き、読者は“億単位”とも言われた。一体、封鎖下の都市で何が起きていたのか。『武漢日記 封鎖下60日の魂の記録』より、封鎖から1カ月弱が経過し、真実を発信し続ける著者への批判が増すなかでの、鋭い示唆に富む2月16日の日記をお届けする。

■知り合いでもなく会ったこともない彼らからの攻撃

2月16日(旧暦1月23日)
災難中には歳月は静かに流れない、
生きる者の死に向かう生があるだけだ

封鎖されて何日になるのか、わからない。今日の太陽は本当に春というに相応しい。昨日の雪はすでに跡形もなくなった。2階から見ると、木々の緑が陽光を浴びて輝いている。

昨夜と比べて、すでに心はずっと落ち着いているが、北京からの攻撃【編集部注:前日2月15日の日記で、著者が「デマを振りまいている」とネット上で攻撃を受けた、と綴った】はなおも続いている。どのような力が働いて彼らがこのような憎悪を持つのか、まったく理解できない。まるで彼らは一生の間、ずっと何かに憤慨しているかのようだ。多くの人、多くのことを憎んでいる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)