「年収1000万超え」タクシードライバーの仕事術

「年収1000万超え」タクシードライバーの仕事術

コロナ禍の中でも年収1000万円を稼ぐ吉田さん(仮名)。その秘訣には他業種のビジネスパーソンにも通じる部分があった(写真:筆者撮影)

年収1000万円を超えるタクシードライバーは存在するのか――。一部大都市圏に限定され、その中でも上位1%にも満たないといわれる割合だが、高所得ドライバーは確かに生き残っている。

彼らはどのように売り上げを上げているのか。前後編2回に分けて、個人、法人の業界トップランナーの肖像を紹介していく。

■コロナ禍で2極化するドライバーの収入

運に左右されると思われがちな、タクシードライバーの収入。だが、この認識は大きな間違いだ。

いわゆる「稼ぐドライバー」は緻密な計算や分析の下、コロナ禍の中でも売り上げを確保している。外出自粛などによって全体のパイが減っている中で、ドライバーたちに格差が生じているのも現実である。

「都内に限れば、個人の一部、法人の各営業所のエースと呼ばれる人たちは、年収1000万円は超えてきますね」

取材を通して知り合った、ある都内のタクシー会社の幹部はこう断言する。この幹部によれば、一部の稼げるドライバーに仕事が集中しており、彼らの仕事術には明確は差異があるという。

羽田空港国際線ターミナルを出たタクシー乗り場に、尋ね人はいた。お盆どきの取材当時、羽田着の国際線は1日にわずか4便。羽田空港はゴーストタウンと化し、人の出入りもほとんどなかった。

そんな状況にもかかわらず、タクシー乗り場では客待ちのタクシーが列をなしていた。だが、列はいつまで経っても動かず、ドライバーの大半は休憩時間とばかりに車中で眠りについている。

そんな中でひときわ目立つ、大型のアルファードから降りてきたドライバーがいた。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)