プロポーズはコンビニで…37歳同士の結婚の形

プロポーズはコンビニで…37歳同士の結婚の形

37歳の2人が選んだ結婚とは?(イラスト:堀江篤史)

新型コロナウイルスの流行がなかなかおさまらない。夜の街を気兼ねなく楽しむ状況にはまだまだ程遠い。

筆者も読者交流飲み会「スナック大宮」を開催できたのは今年2月が最後だった。お客さんの中には、本連載の取材対象である35歳以上で結婚した人やその予備軍もいる。取材協力依頼をする場でもあったので困る。

■「焦りという闇」に落ちて…

しかし、こんな状況でも自らメールをくれるありがたい人もいる。東京都内のIT企業で働く中野雅美さん(仮名、37歳)もその1人だ。

<お久しぶりです。覚えていらっしゃらないかと思いますが、以前何度かスナック大宮に参加させていただきました、中野雅美です。お元気でしょうか?? 私事で大変恐縮ですが、このたび入籍いたしました。交際5カ月のスピード婚。お互い37歳の晩婚さんです。

報告すべきか否か大変迷いましたが、スナック大宮で素敵な男性をおつなぎいただいた経験もあったので報告させていただきました。世の中の晩婚さん支援に、私でもし協力できることがあればお気軽にご連絡ください>

ショートカットがよく似合う雅美さんは、舞台女優のような独特な雰囲気がある女性だ。スナック大宮でも同年代の男性客から人気だったのを思い出した。

しかし、雅美さんはモテまくった末に理想の相手と結ばれた、という成功体験を語りたいのではないらしい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)