50代からの再就職「失敗する人・しない人」の差



ところが、I田さんの定年を聞きつけた、かつての取引先から「営業系の顧問」でのオファーがあったのです。定年予定日の2〜3カ月前の話です。

まさに棚からぼたもち、年収も再雇用よりずっといい条件でしたし、仕事もかつて営業管理職として扱ったことのあるサービスだったので、何の迷いもありませんでした。

I田さん以外にも、数えきれないくらいの事例を知っていますが、現役時代に近い収入を得ている人の再就職は「ツテ」や「リファラル採用」によるものが最多という感触を持っています。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)