37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

娯楽が多様化している中で、プロ雀士の金太賢さんが見据えた麻雀界の未来とは?(筆者撮影)

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第82回。

■「雀王」「麻雀最強位」を獲得したプロ雀士

金太賢(キム テヒョン)さん(37歳)は、日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士だ。

2017年に団体最高タイトル「雀王」を獲得、その年の『近代麻雀』(竹書房)が主催する麻雀のタイトル戦「麻雀最強戦」にて「麻雀最強位」も獲得した。

プロ麻雀の世界は非常に厳しい。

プロの資格を持っているだけでは、稼ぐことはできない。テレビなどのメディアに出演する、書籍を書く、大会に出場し賞金を稼ぐ、などそれぞれ稼がなければならない。

セルフ・プロデュースがとても大事だ。

金さんは8月に『麻雀「超コスパ」上達法』(彩図社)という、初心者向けの麻雀入門書を発売された。本を出版できるのは、人気プロ雀士の証しだ。

金さんはなぜ、プロ雀士になったのか、

そして現在どのように稼いでいるのかを聞いた。

金さんは兵庫県神戸市で生まれ育った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)