「四季報」で見つける「10月以降に上昇する銘柄」

「四季報」で見つける「10月以降に上昇する銘柄」

もうすぐ「Go To Eat」キャンペーンも始まる。コロナ禍は終わっていないが、成長する銘柄を上手に選ぶにはどうすればいいのか(写真:Ushico / PIXTA)

今から振り返ると、日経平均株価が781円の大幅安となったのは2月25日だった。ここから「コロナショック」の大暴落がスタートした。暴落前、2月21日の日経平均終値は2万3386円だった。

■株式市場は景気回復を先取り、すでに前向きに

だが日経平均は9月3日、ついに終値で2万3465円と、6カ月半ぶりにコロナショック前の水準を回復した。新型コロナウイルス感染症の新規感染者、重症患者、死亡者の数は減少傾向をたどってはいるものの、終息の兆しは見えてこない。また感染に気を遣いながらの日常生活で、経済活動の水準も新型コロナ前にはほど遠い。

「なぜ株価が元に戻っているのか?」世間では株価回復をいぶかる声が多いようだ。6カ月前とはかけ離れた日常が目の前にあるのだから、株式市場と縁のない人たちからすれば、市場の動きが異常な風景に映るのだろう。

新型コロナの克服や経済活動の回復に向けて明確な道筋が見えてきたわけではない。だが、株式市場はようやく明るくなりだした方向を見始めたということだろう。飲食店などの営業自粛は解除され、「Go To トラベル」に加えて「Go To イート」など新型コロナで疲弊した業界への活性化策も動き出す。

何よりも、株式市場が最も注目する企業業績については、4〜6月を底に7〜9月から回復に向かい、下期には回復傾向が鮮明になってくるというイメージが見えてきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)