中国の半導体投資「ブーム過熱」でバブルの兆し

中国の半導体投資「ブーム過熱」でバブルの兆し

中国の投資業界では半導体関連プロジェクトへの投資ブームが過熱している(写真はイメージ)

「半導体関連プロジェクトへの投資が突然としてブームになった。米中貿易紛争の影響や国産化による輸入代替への期待の高まりが背景だが、はたしてこれは実需なのか、それとも画餅にすぎないのか?」

中国のベンチャーキャピタル、聯想創投(レノボ・キャピタル)のパートナーを務める宋春雨氏は、9月8日に北京で開かれた投資業界の国際フォーラムでそんな疑問を提起した。宋氏が最近関わったある案件では、希望する資金調達額が10億元(約155億円)にもかかわらず、帳簿上にはすでに20億元(約310億円)の資金が集まっていた。しかもプロジェクトの創業者は投資家に対し、デューデリジェンス(投資のリスクやリターンの適正評価手続き)の完了を待たずに資金を提供するよう求めたという。

「投資会社がデューデリジェンスなしで資金提供するなど、通常はありえない。いかなる業界への投資であれ、こんな現象が起きたらブーム過熱のシグナルだ」。投資会社の元禾控股(オリザ・ホールディングス)で半導体投資部門のパートナーを務める陳智斌氏は、そう指摘する。

とはいえ、仮に投資バブルが膨らみつつあるとしても、「ビッグウェーブの中から本物のチャンスを見つけ出すことは可能だ」というのが投資業界のおおむね一致した見方だ。2019年に中国が輸入した半導体は約3000億ドル(約31兆8300億円)相当に上るが、同年に中国が製造した半導体は約1000億ドル(約10兆6100億円)相当にすぎない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)