「日銀化」が明らかとなってきたECBの金融政策

「日銀化」が明らかとなってきたECBの金融政策

盛んにユーロ高を牽制したラガルドECB総裁(写真:ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)

9月下旬に入り、金融市場では数々の不安材料が多発していることを受けてリスクオフムードが支配的となりつつある。

英国でロックダウンが再開されるとの一報が欧州における新型コロナウイルスの感染拡大第2波への懸念を助長し、悲観ムードを焚き付けているようだ。支持率低迷にあえぐジョンソン政権が感染拡大を政治利用しているのではないかとの声もあるが、新規感染者数が欧州で増えているのは事実であり、フランスでもロックダウンの再導入検討がなされているという。このままいけば恐らくは英国の EU(欧州連合) 離脱交渉スケジュールにも影響してくるだろう。

実情としては新規感染者が増えても死者数はほとんどど増えていないという点で春とは状況が大きく異なるはずだ。だが、元々あった秋冬の感染拡大に対する潜在的な懸念があり(筆者はこれを「越冬リスク」と呼んでいる)、それが顕在化してきたということなのだろう。

こうした中、過去半年間、上昇一辺倒だったユーロドル相場も調整を迫られている。しかし、3月の年初来安値から9月初めの年初来高値まで最大で約13%も上昇していたものが、3%弱下げたにすぎない。しばらくは積み上がった投機的なユーロ買い持ちポジションの調整を余儀なくされるだろう。

■身内からも「苦言」が出たECBの通貨高牽制

しかし、それでも9月に入ってから、ECB(欧州中央銀行)が明確に牽制しているにもかかわらず、ユーロドルがまったく動揺することなく堅調を維持してきたのは目を引いた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)