登場から半世紀、8000系は東武の「顔」だった

登場から半世紀、8000系は東武の「顔」だった

長らく東武鉄道を代表する車種だった8000系。写真の車両は秩父鉄道乗り入れに対応し、東上線と伊勢崎線を行き来する車両の牽引を担う(記者撮影)

東京・埼玉・千葉・群馬・栃木の1都4県に、関東の大手私鉄では最も長い約463kmの路線網を張り巡らせる東武鉄道。そのほとんど全線で活躍し、少し前までまさに「東武の顔」的存在だった車両がある。白地に青と水色のラインが入った「8000系」だ。

浅草や池袋といった都心のターミナルには顔を出さなくなったものの、今も野田線(東武アーバンパークライン)や東上線の小川町以北と越生線、群馬県・栃木県内のローカル区間のほか、東京都区内でも亀戸線や大師線で現役。東武線の利用者なら一度は見たこと、乗ったことがある車両だろう。

8000系が誕生したのは、前回の東京五輪の前年にあたる1963年。その後20年間導入が続き、1つの形式としては私鉄で最多の712両が造られた。派手さはないが、半世紀以上にわたって東武線の通勤輸送を支えてきた。

■通勤電車の標準型

長さ20mの車体に2枚の扉が両側に開く「両開き」のドアが4つ、車内は窓を背にして座るロングシート――。8000系は日本の通勤電車の標準的スタイルの車両だ。

昭和30年代以降、都市部の鉄道に普及したこのスタイルの代表格は国鉄(現・JR)が導入した「103系」。1960年代から80年代にかけて3400両超が造られ、山手線など首都圏各線をはじめ全国各線で使われた「通勤電車の代名詞」といえる車両だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)