「トランプ批判」終始する米メディアが残念な訳

「トランプ批判」終始する米メディアが残念な訳

メディアはトランプ大統領を批判し、人々の感情をあおっている(写真:ロイター/Kevin Lamarque)

2016年のアメリカ大統領選挙で、アメリカの主要メディアの多くがヒラリー・クリントンの勝利はほぼ確実と報道して、大恥をかいた。その背景には、米主要メディアや報道に携わるジャーナリストが民主党を支持し、報道などを通じて応援していたことがある。

一般市民は、報道に公平性と客観性を期待するが、アメリカの主要メディアはそこから大きく逸脱していると『失われた報道の自由』の著者マーク・R・レヴィン氏は批判する。

11月3日のアメリカ大統領選挙を前に、日本でもアメリカメディアのニュース報道に触れる機会が増える。その報道にどんなバイアスがかかっているのだろうか。
※本原稿は『失われた報道の自由』を抜粋・再構成しています。

■あふれる「民主党支持」の論調

現代のメディアでは、報道に携わる人々自らが「報道の自由」を踏みにじっている。報道の自由が失われているのは、政府による弾圧や抑圧があるからでも、ドナルド・トランプ大統領がメディアを非難しているからでもない。原因は、放送局や新聞社、そこで働くジャーナリストたちにある。

かつて、ニュースといえば客観的な事実を集めたものだったが、いまは、社会運動やプログレッシブ集団(民主党急進左派を中心とする勢力。経済や社会などの問題解決で、政府による積極介入を志向)の意見、民主党を支持する論調で埋め尽くされている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)