若いあなたが将来「不健康」になりかねない危機

若いあなたが将来「不健康」になりかねない危機

現役世代の健康状態を見ると将来が心配になってくる(写真:xiangtao/PIXTA)

「日本=長寿国」というイメージに反して、今の現役世代の身体データを見ると、その人たちが高齢者となったときに心配な姿が見えてくる。

さらに、ここに「人口減少」などの社会変化が加わると、ますます将来の日本人の健康レベルは危機的状況に。『100年時代の健康法』著者・北村明彦氏が解説する。

■全労働者中「1割」が高齢者

最新のデータでは、日本人の平均寿命は女性が87.3歳、男性が81.3歳です。2050年には女性の平均寿命が90歳を突破するとされ、「人生100年時代」は本当に目の前です。

しかし、全員が90年近くを健康な状態でフルに生きられるわけではありません。「長く生きる=不健康な期間が長くなるだけ」かもしれない将来を思わせるデータが、続々と上がってきているのです。

内閣府の調査によると、労働人口に占める高齢者の割合は右肩上がりに増えていて、2016年には労働人口6673万人のうち、65〜69歳の人が450万人。70歳以上も336万人いて、日本で働く人全体の約10%は高齢者です。

一見、元気な高齢者が増えているようですが、医療機関を受診する人は後期高齢者で約73%と高水準です。

では現役世代はどうかというと、定年の延長が叫ばれているにもかかわらず、高齢者以上に心配な実状が見えてきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)