シャンシャンが年内には日本を離れる3つの訳

シャンシャンが年内には日本を離れる3つの訳

上野動物園のシャンシャン。ファンからは別れを惜しむ声も(写真:AP/アフロ)

日本にパンダブームを巻き起こした東京・上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャン(香香)が年内に中国・四川省へ旅立つ。日本へは戻らない予定だ。シャンシャンを中国へ送り届ける業務は阪急阪神エクスプレス(本社:大阪市)が手掛けると決まった。

同社は上野動物園と神戸市立王子動物園のパンダの輸出入をすべて担当した「パンダ輸送のエキスパート」。シャンシャンの中国行きの準備が本格的に始まり、どのようにして中国へ行くかも関心を集めている。

上野動物園は東京都が所管する。同園を指定管理者制度で運営する東京動物園協会は、シャンシャンの中国行きを手がける会社の入札を10月2日に実施。阪急阪神エクスプレスが181万3912円(税抜き)で落札した。

この金額には陸路・空路の輸送費も含むため、チャーターによる専用機の費用には到底足りない。往路だけでなく復路の費用も必要だ。もし費用を賄えたとしても、チャーターの許可は簡単におりない。しかも現在は、新型コロナウイルスの影響で国際線の飛行機は大幅な減便・欠航中。平常時と大きく異なる。

そのためシャンシャンが乗るのは、チャーターによる専用機ではなく、旅客機の貨物室や貨物機になると推察される。「貨物室」「貨物機」と聞いて心配する人もいるが、温度をコントロールする設備などは十分に整っている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)