起業家教育のプロが伝授する「思考と実践術」

起業家教育のプロが伝授する「思考と実践術」

起業家教育の専門家、山川恭弘氏が考える「起業家の思考と実践術」とは?(写真:山川氏提供)

アントレプレナーシップ(起業家)教育の最高峰として知られるアメリカのバブソン大学。世界中の有名実業家が卒業生として名を連ねており、日本でもトヨタ自動車の豊田章男社長、イオンの岡田元也社長、スパークス・グループ創業者の阿部修平氏などが同大学で学んだことで知られる。

そのバブソン大学で長年教鞭を執ってきたのが、山川恭弘氏だ。専門は起業に関する失敗について研究する失敗学で、学生たちがつけた愛称は「Dr Failure」。そんな山川氏が10月、「全米ナンバーワンビジネススクールで教える 起業家の思考と実践術」(小社刊)を上梓した。

山川氏は別の顔も持っている。今年10月、東京の虎ノ門ヒルズビジネスタワーに開業したオフィス「ケンブリッジ・イノベーション・センター」(CIC)。CICはアメリカのボストンに本社があり、起業家向けオフィスを世界展開する。アジアの初拠点として東京に開業するにあたり、先導役となったのが山川氏だ。約3年前から開業に向けて奔走、現在は日本法人のプレジデントを務める。その道のりは「起業道」の実践そのものだった。

起業家教育のプロが考える「起業家の思考と実践術」とは何か。たっぷりと聞いた。

■「私は誰?」という問いかけから始まる

――著書で「起業道」は特別な人だけのものではないと指摘しています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)