東京駅「いちょう並木とレトロ建築」で秋さんぽ

東京駅「いちょう並木とレトロ建築」で秋さんぽ

東京駅へとまっすぐ続く銀杏並木(イラスト:杉浦さやか)

広い広い東京。小さなエリアにも、魅力的な路地やお店が無数に広がっています。ずっと暮らしている場所だけれど、ちょっと歩けばいつだって新しい顔に出会えて、どこか知らない街にいるような気分に浸ることができる。

変わりつつある日本橋や丸の内、ノスタルジックな原宿、上野など9エリア158カ所を実際に歩き、その魅力をイラストとエッセイで紹介した『ニュー東京ホリデイ 旅するように街をあるこう』から、一部を抜粋してお届けします。

■緑あふれる東京駅周辺

旅の発着点として使うことが多い東京駅。成田空港からのバスをおり、東京駅を見上げると、「帰ってきたなぁ」とホッとします。

東京駅周辺のなにが好きって、美しく整備された通りに、 緑があふれているところ。東京の玄関口で、 ビルの立ち並ぶオフィス街でもあるけれど、 そこかしこに大きな木々が気持ちよさそうに枝を伸ばしています。



・ザ・カフェ by アマン 千代田区大手町1-5-6 大手町タワー1階

すこんと空が抜けた丸の内中央口 の、銀杏並木が続く行幸(ぎょうこう)通り。 「丸の内ブリックスクエア」の広場は、風が通り抜ける大好きな場所。駅舎や「明治生命館」「三菱一号館美術館」など、 スケールの大きな明治〜昭和初期の建造物が保存、再建された端正な街並み。無機質さを感じさせないあたたかみのある古い建物と、緑との調和は見事なものです。



・MARUNOUCHI Brick Square 千代田区丸の内2-6-1

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)