「学問の自由」がいつも破られる歴史的理由

「学問の自由」がいつも破られる歴史的理由

日本学術会議の会員任命問題を機に「学問の自由」とは何かが改めてクローズアップされている(写真:時事通信フォト)

日本学術会議の会員の任命を、政府が一部拒否した事件が大きく報道されている。確かにこれは学問の自由にとって重大な問題である。とはいえ、学問の自由などというものは、人類の歴史の中でも、極めてまれであったことも確かである。

それは学問の歴史や大学の歴史を見ればわかる。現在残存する西洋の多くの大学は、その時代の権力につねに歩み寄っていたからこそ、残っているともいえる。学問の真理に殉じたイタリアの哲学者であるジョルダーノ・ブルーノ(1548〜1600年)や科学者であるガリレオ・ガリレイ(1564〜1642年)の例はまことに美しいが、それはまれとしか言いようがないことも確かである。

学問の自由は、命を賭けた闘争であり、つねに破られるために存在しているにすぎないからである。

■福沢諭吉が唱えた「雁奴になれ」

かつて福澤諭吉は、中国の故事にならって「雁奴」を説いた。学者やジャーナリストは、この「雁奴」になれというのだ。「雁奴」とは、鴈の中で一人群れを離れている風変わりな雁である。彼は仲間が起きているとき寝て、仲間が寝ているとき起きている。それはなぜか。敵が来ることを仲間に知らせるためである。学者やジャーナリストの存在意義は、まさにそうしたところにあるのだ。だから、政府や国家権力に取り入る学者やジャーナリストは、雁奴ではない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)