「愛情ホルモン」が脳に与える無視できない影響

「愛情ホルモン」が脳に与える無視できない影響

「愛情ホルモン」の受容体の密度は、生後6カ月から1歳6カ月までの間に、親など特定の養育者との関係性によって決まるといわれています(写真:kokouu/iStock)

脳科学者で、テレビ番組のコメンテーターとしても活躍する中野信子氏と、ベストセラー著作を多く抱える行動経済学者の真壁昭夫氏が、共著『脳のアクセルとブレーキの取扱説明書』を出版しました。

「成功者」の脳のなかで起こる現象や行動のポイント、さらには子育て・外見・人間関係といった多くの人が抱える悩みに対し、脳科学と行動経済学の観点から対処法を示しています。

本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

2020年の新型コロナウイルス禍では、緊急事態宣言が出され、経済活動は大きく制限され、人々は家から出ずに時間を過ごすことを余儀なくされました。これから、自分の生活がどうなるのか、社会はどう変化していくのかがわからず、将来への不安も募って、社会不安も増大しました。

東日本大震災のときもそうでしたが、SNSなどを通じて、「フェイクニュース」が拡散されて、不安はどんどん広がっていきます。また、SNSでの個人攻撃も社会不安の状況下で先鋭化している、といった報道もありました。

こうした不安と隣り合わせの時代に、私たちはどのように子どもたちと接するべきなのでしょうか。中野先生と考えてみました。

■体も脳も育てる脳内物質と虐待の関係

真壁:人間の性格は生まれながらにして持っている先天的要素と、「育ち」といった後天的要素、この2つで決まるといわれています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)