中国自動車大手「EV新ブランド」設立に走る訳

中国自動車大手「EV新ブランド」設立に走る訳

EV専用の高級ブランドを新設する中国メーカーが増えている(写真は北京汽車集団が北京モーターショーに出展した新ブランド「ARCFOX」の新型EV)

「上海汽車は新エネルギー車の高級ブランドを新たに立ち上げる。テスラと競えるクルマ作りを目指している」。10月12日、中国の国有自動車最大手である上海汽車集団の関係者は、財新記者に対してそう明かした。ただし、新ブランドの発表時期については明らかにしなかった(訳注:新エネルギー車は電気自動車[EV]、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の総称。実態としてはEVがほとんどを占める)。

中国の大手自動車メーカーの間で、新エネルギー車の高級ブランドを新たに設立する動きが相次いでいる。北京汽車集団はカナダの自動車部品大手のマグナ・インターナショナルと共同で新ブランド「ARCFOX」を立ち上げ、9月26日に開幕した北京モーターショーで新型車を披露した。東風汽車集団も7月に新ブランド「嵐図」の立ち上げを発表した。

冒頭の上海汽車はそれに続く動きだ。背景にはアメリカのEV大手、テスラの成功にあやかりたいとの思惑がある。テスラは上海市に建設した「ギガファクトリー」で2019年10月から主力車種「モデル3」の現地生産を開始。2020年1月の納車開始からわずか半年余りで、中国市場のEVのメーカー別販売台数でトップに立った。

■自社ブランドのガソリン車との競合回避

新興かつ純粋なEVブランドであるテスラの躍進は、自社ブランドのガソリン車とEVの競合に悩んでいた大手中国メーカーに強い刺激を与えた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)