ニトリ、TOB中の「島忠買収」に待ったの背景事情

ニトリ、TOB中の「島忠買収」に待ったの背景事情

DCMホールディングスによる島忠の買収に待ったをかけたニトリ(左写真は記者撮影、右写真の撮影は尾形文繁)

ホームセンター業界の再編に家具の盟主が「待った」――。

国内家具最大手のニトリホールディングスが、ホームセンターと家具店を展開する島忠に対し、TOB(株式公開買い付け)での買収を検討していることが明らかになった。

島忠をめぐっては、ホームセンター業界2位のDCMホールディングスが完全子会社化に向けて10月5日から11月16日までの予定でTOBを実施中だ。そこにニトリが割り込んでTOBを提案すれば、島忠をめぐる争奪戦という異例の事態へと発展する。

■友好的TOBが一転、争奪戦に

ニトリによる島忠のTOBに関する報道が駆けめぐった10月21日朝。両社はほぼ同じタイミングでコメントを発表した。ニトリは「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を日々検討している」と含みを持たせたが、島忠は「具体的な提案は受領していない」とコメントした。

関係者は「不確定要素はあるが、交渉を進めているのは事実。当然ニトリはDCMよりも高い価格を提示するから、DCMがどこまで応戦できるか次第だ」と明かす。

DCMが島忠のTOBを発表したのは10月2日のことだった。会見で島忠の岡野恭明社長は「DCMの完全子会社になるが、両社はどちらが上も下もなく対等の精神による経営統合」と語り、両社同意の下での友好的TOBであることを強調していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)