大ヒットで見えた鬼滅の刃「定番化」の可能性

大ヒットで見えた鬼滅の刃「定番化」の可能性

10月16日に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。公開3日で340万人を動員する大ヒットとなっている ?吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

まさに「鬼のような大ヒット」といえるだろう。

全国403館で上映され、シネコンのスクリーンを占拠する前代未聞の興行となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。初週3日間で興行収入は46億円(動員340万人)に達した。興行収入が50億円を超えるような作品は年に十数本程度。それをたった3日で近い数字まで到達することからも歴史的なヒットということがわかる。

そのコンテンツ力とコロナ禍における上映状況から大ヒットの条件は揃っており、予想以上のボリュームになったことはあるが、このヒット自体は想定内だ。それよりも映画関係者が本作の興行に注目していた点がある。それは鬼滅の刃が「定番の映画」になりうるかという点だ。

■わずか3日で46億円稼ぐ

そもそも2016年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて漫画連載がスタートした『鬼滅の刃』は、2019年4月期のテレビアニメ化により広く一般層への人気に火がついた。従来のアニメと異なり特徴的なのはファン層が性年代を問わず幅広く、さらに女性ファンが多いことだ。漫画やアニメだけでなく、音楽シーンからさまざまなグッズまで、昨年の社会現象的ムーブメントとなったその人気ぶりはすさまじかった。

今年に入ってからもその勢いが失われることはなく、夏を過ぎた頃からは映画公開に向けたさまざまなタイアッププロモーションが続いて露出が広がった。公開直前のテレビアニメ放送の2週連続特番の視聴率は10月10日が16.7%、10月17日が15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。その変わらぬコンテンツ力と劇場版への注目度の高さを証明していた。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)