柴咲コウ「難役ほど燃える」二刀流女優のすごみ

柴咲コウ「難役ほど燃える」二刀流女優のすごみ

柴咲コウさんは芸能人と実業家の二刀流をこなすチャレンジングかつストイックな人物なのです(写真:日刊スポーツ新聞社)

10歳のときに不慮の事故に遭って昏睡状態となり、35歳になってようやく目覚めたものの、心は10歳のままだった……。柴咲コウさんは、現在放送中のドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系)で、そんなとびきりの難役を演じています。

柴咲さんが演じる時岡望美は、常に戸惑い気味の表情であるほか、口のまわりを汚しながら食べ、「エーン」と泣きじゃくり、生理を初めて経験して動揺……。10歳の少女が憑依したような演技を見せ、驚くほど美人女優としての面影はありません。しかし、セリフが少なく、ほぼ表情や仕草のみで演じているため、視聴者にすごみを感じさせています。

ただ今年、柴咲さんが難役を演じたのは、これだけではありません。

5月には、緊急事態宣言が発令される中、“テレワークドラマ”として緊急制作された「今だから、新作ドラマ作ってみました」(NHK)の「第3夜 転・コウ・生」に出演。自ら自宅に機材をセッティングし、ヘアメイクも行って、柴咲さん本人の役を演じたほか、ムロツヨシさんや愛猫「のえる」と入れ替わってしまうというトリッキーな役柄を演じ切りました。

さらに、朝ドラ「エール」(NHK)では、主人公夫婦に大きな影響を与える世界的オペラ歌手・双浦環を熱演。「日本人初の国際プリマドンナ」として活躍した三浦環さんがモデルの役であり、「ヒロインから憧れられる」というカリスマ性を醸し出すために、柴咲さんは声楽の基礎から学び直して挑んだそうです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)