「東大生を見世物にしてあざ笑う」TV局の軽率

「東大生を見世物にしてあざ笑う」TV局の軽率

あるテレビ番組では、東大生を過剰に「変人」扱いして笑いをとっている。この番組を見た東大出身者たちは何を思うのか? (写真:ロイター/アフロ)

あるテレビ番組では、東大生を過剰に「変人」扱いして笑いをとっている。しかし、その内容は差別的かつ下品なものばかり。この番組を見た東大出身者たちは何を思うのか? 東大卒でライターの池田渓氏による『東大なんか入らなきゃよかった 誰も教えてくれなかった不都合な話』より一部抜粋・再構成してお届けする。

東大卒は同窓生が少ない地方の職場で逆学歴差別を受けることが少なくない。時には露骨にいじめられることもある。僕の所属していたサークルの後輩である吉岡聡くん(29歳)が自らの経験を話してくれた。

サークルの創設記念パーティーでおよそ5年ぶりに会った吉岡くんは、聞けば「地元の就職先でひどい目にあった」と言うではないか。

パーティーに参加するために関西から出てきていた彼は、まだ数日は東京に滞在するとのことだったので、翌日の昼に時間をつくってもらい喫茶店でインタビューを行った。吉岡くんは東大文学部を卒業後、地元の兵庫県で市役所職員として働き始めた。公務員になろうとする東大生の多くは、学生のうちに国家公務員採用総合職試験(旧・国家公務員I種試験)もしくは国家公務員採用一般職試験(旧・II種試験)をパスして卒業後は中央省庁に入る。

■地方公務員になった東大生が直面した悲劇

地方の市役所職員になった吉岡くんはレアケースで、田舎の公務員になるようなものは東大のなかでは「落ちこぼれ」とされる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)