「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店

「もう無理」スペイン緊急事態で慟哭する飲食店

バルセロナのあるカタルーニャ州では、10月14日から飲食店に対して15日間の休業を義務化している(ロイター/Albert Gea)

新型コロナウイルスの感染者数が再び拡大しているスペインは10月25日、2度目となる緊急事態を宣言した。これにより、スペインでは原則、午後11時から翌朝6時までの外出は禁止されることになる。これに先駆けること約10日前、スペイン随一の観光地、バルセロナを擁するカタルーニャ州ではレストランなど飲食業界に対して15日間の営業停止を発令。レストランなどから悲鳴が上がっている。

■カタルーニャ州だけで1日6000人感染

発令から1週間が経過した今もカタルーニャ州の感染状況は収束しておらず、逆に拡大の一途をたどっている。カタルーニャのデジタル紙のひとつ『クロニカ・グロバル』でも報じているように、24日における24時間の同州での感染者は6000人と、パンデミックの最初の時点からの累計感染者数は22万5901人に達した(ちなみに、スペイン全体の新規感染者数は1日約1万7000人)。感染者が急増している背景にはPCR検査を1日に3万人を対象に実施していることも影響している。

さらに同紙によると、入院患者は1743人、集中治療を受けている患者は325人に上る。10万人当たりの感染者数も平均して713人と、今後も感染拡大の可能性が高いことを示している(世界保健機関=WHOは、10万人につき120人以上の感染者がいる場合は感染の危険性が高いとされている)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)