80年代映画「ベスト・キッド」続編が最強のワケ

80年代映画「ベスト・キッド」続編が最強のワケ

"ベスト・キッド"続編が人気

80年代映画「ベスト・キッド」続編が最強のワケ

1984年の少年カラテ選手権大会から30年後の世界が描かれたドラマシリーズ『コブラ会』は現在、Netflixで配信中(写真:YouTube Originals/Sony Pictures Television)

Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

■アメコミ原作ドラマを抑えトップを飾る空手道ヒーロー

空手ブームに火をつけた80年代のヒット青春映画『ベスト・キッド』が今、中年の男心を焚きつける作品に生まれ変わって再び注目されています。タイトルは『コブラ会(原題:Cobra Kai )』。

1984年の少年カラテ選手権大会から30年後の世界が描かれ、少年だったダニエル・ラルーソ―(ラルフ・マッチオ) と、かつての対戦相手ジョニー・ロレンス (ウィリアム・ザブカ)は人生後半戦の50代に。師匠のミヤギ(パット・モリタ)のように「センセイ!」と呼ばれる道を自ら作っていくストーリーが展開されています。

『ベスト・キッド』のリブート版(続編)として、YouTube Red(現在の名称はYouTube プレミアム)に登場すると、アメリカの辛口映画レビューサイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」で肯定的なコメントを集めまくり、2018年のベストドラマに選ばれます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)