アニメをうまく描く人になる、たった1つのコツ

アニメをうまく描く人になる、たった1つのコツ

この絵が描けるようになるには?(イラスト:『なぞるだけで絵がうまくなる! アニメ私塾式 キャラ作画上達ドリル 』(宝島社))

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が10月16日の公開からわずか10日で興行収入100億円を突破し、日本で上映された映画でも最速記録を打ち立てた。近年、テレビアニメもアニメ映画も制作本数が増加傾向にあり、拡大を続けているアニメ市場。圧倒的に高い画力、実写より美しい映像で視聴者を魅了する作品も増えている。それだけアニメの存在が人々に浸透し、常に新しいものが求められているということだろう。

その代表とも言えるテレビアニメ『鬼滅の刃』(2019)、アニメ映画『君の名は。』(2016)や『天気の子』(2019)などの大ヒットは、社会現象を巻き起こしたと言って過言ではない。

しかし、アニメを作るには当然のことだが、アニメの絵を描く「アニメーター」たちが、限られた制作期間内に成果物を用意しなければならない。

そもそも1本のアニメを作るために必要な絵の総数はどのくらいの数になるのか。1000枚? 2000枚? いや、もっとだ。

■1話30分の総作画枚数は3000〜5000枚

1話30分のアニメを作る場合、1話に必要となる平均的な総作画枚数は3000〜5000枚と言われている。1クールのアニメならそれが12〜13話分だ。1話あたりの制作期間は平均して3か月ほど。アニメ映画を1本作る場合は万を超える枚数と、年単位での制作スケジュールになることが多い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)