カマラ・ハリスをインド系女性が誇りに思う訳

カマラ・ハリスをインド系女性が誇りに思う訳

アメリカの次期副大統領への就任が確実となったカマラ・ハリス氏(写真右)と夫のダグラス・エムホフ氏(写真:アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーで8月撮影、ロイター/Kevin Lamarque)

今回のアメリカ大統領選で副大統領当選を確実にした、カマラ・ハリス氏(Kamala Harris、56歳)。彼女のフルネームについてはあまり注目されていないが、実はインドの神様の名前が2つ含まれている。

■ヒンドゥー教の女神の名前を持つハリス氏

カマラ・デビ・ハリス。

ヒンドゥー教徒の女性に多い伝統的な名前で、日本名ではさながら、幸子、または恵、などだろうか。「カマラ(Kamala)」は、インドの言葉で蓮の花を意味し、ヒンドゥー教の女神ラクシュミーの別名としても知られる。「デビ」は古代インドで用いられたサンスクリット語で、こちらも同じく女神の意味を持つ壮大な言葉である。村に豊作や雨の恵みなどの繁栄をもたらす天使の使いというような意味合いをも持ち、ヒンドゥー教の聖なる母、偉大なる母を象徴するとされている。

そして、その言葉のとおり、カマラ・デビ・ハリス氏は、彼女の祖先が暮らしてきたインドの小さな村に、大きな恵みと祝いをもたらすこととなった。彼女の副大統領当選でお祭り騒ぎとなっているのが、インド南部タミル・ナドゥ州にある小さな村、スラセンドラプランだ。

祖父P.V.ゴパラン氏の故郷であるこの村には今、ハリス氏の顔写真を掲げたポスターがあちらこちらに貼られ、寺院では祈りが捧げられ、盛大に爆竹が鳴り響いている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)