ニコ動生みの親「企業の一番重要な役割は雇用」

ニコ動生みの親「企業の一番重要な役割は雇用」

2017年、教育ITソリューションEXPOに登壇した川上量生。躍進する企業の経営者たちの多くは、私たちを唸らせるシンプルな「成功哲学」を持っている(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「ワード・ポリティクス」という言葉がある。アメリカには「ワード・ポリティクス」に長けたリーダーが多い。たとえば、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、2001年9月11日に「同時多発テロ」が起きたとき、「民主主義国家に対するテロリストたちとの戦争」だといい切り、国民を1つにした。アメリカ国民の心をつかんだバラク・オバマ大統領の「Yes, we can.」は記憶に新しい。日本でも「自民党をぶっ壊す」と叫んで高支持率を得た小泉純一郎首相には、天才的な「ワード・ポリティクス」のセンスがあった。

企業の経営にも「ワード・ポリティクス」が必要である。とくに時代の転換期や危機的な時期には、従業員や株主、そして社会を納得させ、共鳴させる決め手となる「言葉」が必要である。躍進する企業の経営者たちの多くは、私たちを唸らせる言葉、すなわちシンプルな「成功哲学」を持っている。

『伝説の経営者100人の世界一短い成功哲学』ではそうした言葉が数多く紹介されている。本稿では、同書から一部抜粋してお届けする。

■「ニコニコ動画」に明確な方針はない

企業の社会的役割で一番重要なのは雇用です。
だから、人数が多いのはいいこと
♯川上量生 (ドワンゴ会長)

川上量生(かわかみ・のぶお)
1968(昭和43)年、愛媛県に生まれる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)