男たちが抱える「弱音を吐けない」という重い病

男たちが抱える「弱音を吐けない」という重い病

女性より顕著に多い男性の自殺者数の背景には、「男らしさ」の問題があるようです(写真:imtmphoto/iStock)

コロナ禍で大きく劇的に変わった環境の変化にとまどい、生きづらさを感じている人が多い昨今。とくに男性は、「規律正しい労働者」として男社会の枠組みのなかで長年培ってきたノウハウが役立たない、「リモートワークでのマネジメント」「家事や育児へのかかわり方」など、どうしたらいいのかわからない不安を抱えています。

そんな不安を軽くするヒントを、男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお伝えします。

感染対策と生活をいかに両立させるか。新型コロナウイルスの流行以降、社会的な生き物である人間が、自由に人と交流できないという状況に陥っています。息の詰まるような日々を強いられる中で、自殺のニュースが目につくようになってきました。

直近、警察庁が公表した統計によると10月の自殺者数が全国で計2153人となり、昨年同月に比べて約4割増えています。自殺者数は7月以降、4カ月連続で増えていて、特に女性の自殺者数の大幅な増加が話題になっています。こういったデータは社会の雰囲気をより暗くさせるものです。

自殺者の増加について、誰もが新型コロナウイルスとの関連を連想すると思います。しかし、それがどのような意味においてなのかは必ずしも明確ではありません。経済状況の悪化、在宅時間の増加による家族関係のトラブル、社会に蔓延する閉塞感、ニューノーマルへの不適応、あるいは、感染に対する恐怖心などたくさんの原因が考えられます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)