高齢者は経済の宝、社会保障で地方創生は可能

高齢者は経済の宝、社会保障で地方創生は可能

社会保障制度は、国民経済における潅漑施設だとたとえられている。はたしてその意味とは?(写真:TOSHI.K/PIXTA)

社会保障改革の起点とみなされている社会保障制度改革国民会議の報告書は、2013年にまとめられており、「医療・介護分野の改革」のところを、「住み慣れた」で検索すると、2カ所ヒットする。

医療はかつての「病院完結型」から、患者の住み慣れた地域や自宅での生活のための医療、地域全体で治し、支える「地域完結型」の医療、実のところ医療と介護、さらには住まいや自立した生活の支援までもが切れ目なくつながる医療に変わらざるを得ない。(21ページ)

急性期治療を経過した患者を受け入れる入院機能や住み慣れた地域や自宅で生活し続けたいというニーズに応える在宅医療や在宅介護は十分には提供されていない。(25ページ)

このあたり、7年も前に私が起草委員として書いたのであるが、できればいつか、少しばかり修正できないだろうかと思っていたりもする。

『ちょっと気になる社会保障』という本を2016年に出している。今年の2月に2度目の大幅改定で50ページ増を図った際、『ちょっと気になる社会保障 V3』という書名にした。この本で、私が最も好きな章は、「第10章 社会保障がはたす3つの機能」である。

3つの機能とは、次である。

? 生活安定・向上機能
? 所得再分配機能
? 経済安定化機能 

ここで紹介したいのは、所得再分配機能になる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)