新WTO事務局長がすんなりと決まらない理由

新WTO事務局長がすんなりと決まらない理由

WTO新事務局長には、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョ=イウェアラ(ナイジェリア・アメリカ)氏(右)を推す声が6割超だが、アメリカは韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏(左)を支持(写真:AP/アフロ)

世界貿易機関(WTO)のアゼベド前事務局長の突然の辞任表明から半年、10月28日についに新事務局長候補がヌゴジ・オコンジョ=イウェアラ(ナイジェリア・アメリカ)に絞られた。BBCによれば、同氏には全164加盟国中104カ国、つまり6割超の支持が集まったと報じられている。しかしアメリカは、通商分野での四半世紀に及ぶキャリアを理由に対立候補の韓国・通商交渉本部長の兪明希(ユ・ミョンヒ)支持を表明し、コンセンサスでの新事務局長指名は暗礁に乗り上げた。

11月9日のWTO一般理事会会合も中止され、一時は不透明感が増した。しかし、国際協調を標榜するバイデンが混乱のアメリカ大統領選を制したことで、ここへ来て再び事態が動き出す可能性が出てきた。バイデン政権がこの問題をどうさばくかは、同政権下でアメリカの通商政策が大転換を遂げるか否かという点で最初の試金石となる。

■アメリカはなぜアメリカ国籍者を支持しないのか

最終段階でのアメリカの対応は、実は筆者にはいささか意外だった。選挙戦当初は一部メディアでアメリカの意中の候補はオコンジョ=イウェアラと報じられていたことに加え、彼女は大学(ハーバード大学)、大学院(マサチューセッツ工科大学、MIT)を出て、その後の世界銀行勤務も含めてアメリカ生活が非常に長く、2019年にはアメリカの市民権、つまり国籍を取得した二重国籍者でもあるからだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)