「お酒のカロリーでは太らない」医学的な根拠

「お酒のカロリーでは太らない」医学的な根拠

「お酒で太る」医学的に考察

「お酒のカロリーでは太らない」医学的な根拠

「お酒は太る」とされるのは、実は「お酒よりもおつまみのせい」というのは本当なのだろうか(写真:foly/PIXTA)

お酒は太る」とは、もう何十年も前から言われているが、実際どうなのか? 実はいまだに決着がついていない。……と言ってしまうと終わりなのだが、科学的にわかっていることもある。以下、できるだけ「太らない」飲み方を目指すために、知っておくべきことをまとめてみたい。

まず、「お酒が太る」と簡単に断言できない理由は単純で、太るメカニズムが複雑なうえに、酒類によっては糖質が多かったり、飲酒と食事が切り離せなかったりと、純粋にアルコールだけの影響を考えて済む話ではないからだ。

つまり「お酒で太る」にも、@アルコールが直接の原因となる場合、A酒類に含まれる糖質(炭水化物のうち食物繊維を除いたもの)に原因がある場合、B飲酒と行動パターンに関係がある場合があり、それぞれが関与しあっている。

■「1日2缶」でメタボ1.42倍

世界各国のさまざまな肥満に関する研究結果をまとめた論文では、少量〜中程度の飲酒では結果がまちまちで、過度の飲酒はおおむね体重増加につながる、と結論づけている。左党の方々に追い打ちをかけるようだが、少量の飲酒でも体重増加につながるとの研究報告も、2020年9月の国際欧州肥満学会で報告された。

1日当たり缶ビール(355ml)半分以上のアルコール摂取で、肥満やメタボリックシンドロームのリスクが高まったという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)