「存在しない国番号」詐欺電話、驚きの巧妙手口

「存在しない国番号」詐欺電話、驚きの巧妙手口

突然の国際電話。しかも存在しない国番号。詐欺電話の一種だが、防ぐ方法はあるのか(写真・Graphs /PIXTA)

突然、知らない番号から電話がかかってくる。不動産情報サービスのアットホーム株式会社が2019年に18〜30歳の男女に対し行った調査によると、81.7%の人が「知らない番号からの電話はすぐには出ない」としたことが明らかになった。そのうち5割近くが「番号を調べてからかけ直す」と回答している。

この調査結果からは、若者がコミュニティー外からの電話に対して警戒心を抱いていることが感じられるが、その対応は正解かもしれない。現在、金銭や個人情報の取得を目的とした詐欺電話が急増し、その手口も多様化しているのだ。その中で最近、特に注目されたのが「存在しない国番号」からの電話だ。詐欺犯はどうやって、そして何のために「存在しない国番号」から電話をかけてくるのだろうか。

■存在しない国番号からの電話が急増

国や地域をまたいで電話をかける際には、「国際電話番号(国番号)」が用いられている。日本なら「+81」、アメリカなら「+1」だ。2019年頃からSNSで存在しない国番号からの日本への着信が報告され始めた。そして2020年9月に急増し、大きな話題となった。その際に報告された番号は「+83」「+422」など、どの国や地域にも割り振られていない番号である。ニュースを通じて注意喚起はされているが、10月に入っても存在しない国番号からの着信は報告され続けている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)