新宿で異彩を放つ「タブーなき言論空間」の実像

新宿で異彩を放つ「タブーなき言論空間」の実像

「サブカルの聖地」ロフトプラスワンの熱い歴史とは?(撮影:尾形文繁)

「サブカルの聖地」「タブーなき言論空間」と呼ばれる場所が歌舞伎町にある。トークライブハウス・ロフトプラスワンだ。約150席の空間で、多種多様なイベントが日々開催され、登壇者はトークをはじめとした思い思いのスタイルで発信を行う。

観客も見聞きするだけでなく、質問や意見を自由にぶつけることができ、登壇者と活発なコミュニケーションが交わされる。そのため会場の一体感は大きく、圧倒的な臨場感のなかでイベントが進行していく。

世界の臭い食品の試食会、仮面を着用しての読書会、レイシズムに関する討論会、人気男の娘のファンイベント……これらは筆者が参加したイベントの一部だが、いかに多様かが伝わるだろう。このライブハウスは、いかにしてここまでの存在感を放つようになったのか。ロフトプラスワンを運営するロフトプロジェクトの社長・加藤梅造さんに聞いた。

■朝まで交流や議論に熱中、知る人ぞ知る空間

ロフトプラスワンは1995年、新宿の富久町で開店した。ライブハウスというより、ステージのある居酒屋といった空間だったが、日々トークライブが行われるスタイルは現在と変わらない。客としてイベントを見に行った加藤さんは、たちまちその空気に魅了された。

「故・岡留安則さん(「噂の眞相」元編集長)と故・塩見孝也さん(元赤軍派議長)が、北朝鮮問題について討論するイベントでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)