属性別「大学3年生が選ぶ就職人気ランキング」

属性別「大学3年生が選ぶ就職人気ランキング」

属性別「大学3年生が選ぶ就職人気ランキング」男子学生版トップ10

コロナ禍で就活環境が悪化しているため、2022年の就職を目指す現3年生(大学院1年生)の動きは例年より早くなっている。文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が行っている学生アンケートの最新版(10月版)によると、10月中旬までにインターンシップに参加した人の割合は72.4%で、前年同期比で8.3ポイントも上昇している。これまでの売り手市場とは異なるため、学生も早い段階から積極的な活動を行う必要が出てきそうだ。

では、そんな学生が現時点で興味を持っている会社はどこか? 10月31日配信記事「大学3年生9000人が選ぶ『就職人気ランキング』」で、人気企業ランキングの速報版を紹介した。今回はその属性別(男・女・文・理)のランキングを作成した。その結果と特徴を見てきたい。

データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしており、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2022年春卒業予定の大学生や大学院生が調査対象者だ。今回は登録会員のうち、9022人から回答を得ている。

■伊藤忠は男子、女子、文系でトップ

男子学生のランキングは、1位伊藤忠商事、2位三菱商事、3位大和証券グループという順になっている。総合商社がベスト10に4社入るなど、商社への人気が高い。6位バンダイ、7位任天堂、12位ミズノなどが総合ランキングよりも順位を上げており、男子学生の人気が高いことがわかる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)