2021年、株価のバブルは一体どこまで続くのか

2021年、株価のバブルは一体どこまで続くのか

「結構、儲かってる。けどもう少し上がるかも……」。株価が値上がりして含み益が出ている人も少なくない。2021年はどこかで売るべきだろうか(写真:zak/PIXTA)

内外共に株価は高値圏にある。NYダウは3万ドルに乗っているし、日経平均株価も2万6000円台で推移している。筆者の前回の本連載記事「バブルはコロナの感染拡大でむしろ大きくなる」で述べたように、コロナに対する経済対策が株価上昇の背景にある。

■コロナが続くと、株価が上がるワケ

経済指標をざっと眺めると、「景気」は決してよくないが、株価上昇を端的に裏付けているのは、通貨供給量と銀行貸し出しだ。広義の通貨供給量である11月のM3は対前年比+7.6%、銀行貸し出しは+6%だ。

コロナ前までの+2%レベルから急伸している。これまで、日銀(日本銀行)の金融緩和努力にもかかわらず、なかなか市中に巡るマネーは増えなかったが、財政支出が増えたり、政府が保証することで銀行の貸し出しが伸びたりして、金融緩和が後押しされた。

一方、「+2%」を目標とする物価は、消費者物価指数(10月)が対前年比−0.7%、企業物価指数が同−2.1%とまだ低迷中で、マネーがまず金融資産に向かっている段階にあることがうかがえる。

先般、政府が決めた追加経済対策では、金融機関の融資や地方の支出などを含め、事業規模が73.6兆円に達した。政府は今年4月と5月に、それぞれ110兆円を超す経済対策をまとめたが、大規模な財政出動が継続する。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)